だるいけど頑張る

船員のブログです。船のこととか、カブとかいろいろ書いていきます

軽の車検ステッカーは管轄外でも再交付できるのか?

車買ったんだけど、納車してガソリンスタンド寄ったら車検ステッカー貼ってないの気づいてビビった。

「お宅の車、ステッカー貼ってないの?」

と。(丸いダイヤルステッカーじゃなくて小さい四角い黄色のヤツね)

ビビるわ、そんなん。こっちは買ってから信用して車預けてたんだからさ。しょうがないんで、ディーラーに連絡したら、納車整備の段階でステッカーがどっか消えたかもしれないと言うんだわ。再交付ってどうやるんですか?と聞いたら車検証の原本が必要だから云々と言われ、手続きの段階でディーラー側にこっちからまた車検証の原本を送るのもだるいし、受理されてもいつ届くか分からんし、すぐ車使いたいのでこっちでステッカー再交付します、と伝えて電話切った。(職場は中国地方で車がないと不便なのだ)

ぶっきらぼうな表現だけど、俺、基本電話じゃ偉そうにしないから本当は控えめだよ。

さて、問題は甲信越の管轄の車検証持ってったら、中国地方の山〇県の軽自動車検査協会でステッカーを再交付してくれるのかということ。

電話掛けてみたけど、自動音声が再交付に必要な持ち物をツラツラ話すだけでオペレーターと話せなかった。多分、そういった事柄が多くて自動音声になってるんだと思う。結構複雑な問題はオペレーターに繋がるんだろうね。



持ち物は

・車検証の原本(コピー不可)
・申請用紙(HPからDLできるし、事務所にもある)
・300円(小銭で結構)
・劣化したステッカー(紛失の場合はいらない)






で、めんどくさいので、結論から言うと


「軽自動車の車検標章(ステッカー)はどの管轄の事務所でも再交付できます」




例にすると、山梨ナンバーの車が青森県に旅行に行った際、ある理由で車検ステッカーがボロボロになってしまったので、青森の軽自動車検査協会に行ってステッカーを再交付したいのだが、できるのか?→できます

ということ。

あ、但し、"車検証自体の再交付"は管轄の事務所じゃないと再交付できないので注意。



休日に納車だったから、平日に早速、最寄りの軽自動車検査協会へ。
受付で申告して、金払って、ステッカー受け取って終わった。時間は30分もかからなかったけど他の県の事務所はどうかわからない。






ね?結局自分でやった方が早く終わるんですよ。

よく、

「あっち側のミスなんだからあっちにやらせればいいのに笑 人がいいんだから笑」

とかよく言われるけど自分でやった方が早く終わる時があるんですよ。俺の場合はすぐ車使いたかったし、ディーラーの連絡待ってたらいつまで経っても車に乗れない訳ですから。あと、そういう系のトラブルに詳しくなれるよね。


ま、「意地でも俺はそういうのに時間をさかれたくねぇ」って人はやらかした人間に任せればいいんじゃないですかね。その代わり、ちょっと時間かかると思うけど。



て、俺、納車の時トラブル多くね?バイクの時もそうだけど。今回も完全にやられた。ま、出発前にドライバーの義務を怠った俺も悪いんだけどね〜。

それにしても、こういう問題の対処みたいな記事無さすぎじゃない?俺が検索かけるの下手なのかもしれないし、そんなの知ってて当たり前なのかもしれないけど。俺は初めて車買ったから知らんかっただけです。(言い訳)

俺みたいに悩んでる人がこの記事に無事、たどり着けますように。



終わり