だるいけど頑張る

船員のブログです。船のこととか、カブとかいろいろ書いていきます

アーク溶接②

アーク溶接2回目だ。いつも通り5:00に起きて、昨日そのまま寝ちまったから風呂入った。こりゃ湯冷めして風邪ひくね。

昨日帰ったらやろうとしてたことがあるんだけど

 

・ブログの更新

TSUTAYAに行く

・帰省の準備をする

 

な〜んもできてない笑

 

 

昨日久々に往復120km走ったけどカブは絶好調。なんなく今日も江戸川校まで走ってくれた。

今日唯一不満なのが資格講習終わったら夕方にタンカーの支援あるから帰ってこいと職場から通達が。なんでだよ。その分休みとってたじゃん。振替簿消してくれるんだろうな?

 

実技2回目は昨日やった応用編だね。小さな平たい鉄板2枚を溶接で組み合わせる(T字型)やつだね。

 

やり方としては、器具使って鉄板を既にT字になるようにセットする。そしたら適当な鉄板を横に並べる。その適当な鉄板でアークを発生させる。アークが発生したら直ぐに母材に近づけて2箇所仮止め溶接をする。本溶接に入る前の仮止めだね。

 

f:id:umaimizutan:20201101171018j:plain

f:id:umaimizutan:20201101171358j:plain

こんな感じ。

で、次に仮止めした反対側を本溶接で溶着させる。

f:id:umaimizutan:20201101171213j:plain

最初に仮溶接したところも忘れずにね。

これで終わり。

最後におまけで昨日使った鉄板にもう1枚とそのT字の鉄板組み合わせて自由に作品作るんだと。

 流石に昨日7回もやればアークを普通に発生させることができるようになってたね。で素早く2箇所仮止め。ここまでは余裕だった。人数が50人くらいだから効率よく回すために仮止めしたら次の順番がくるまで本溶接はお預け。

 

うん。本溶接やったわ。

 

f:id:umaimizutan:20201101171626j:plain



 

最後のクレーター処理がクソ

 

微妙だな〜。これを溶接不良っていうんだろうね。やっぱ職人みたいに数こなさないとダメだわ。次はようやくラストスパート。

 

あ、本溶接反対方(仮溶接方向)もやるっての全然聞いてなくてボ〜っとしてたら他のやつに「はやくいけよ」って急かされて「は?あとどこ溶接すんの?」って思って指導員に聞いたら「反対側もだよ」って言われて、ん?そんなこと言ってたっけ?と首を傾げながら反対側もやる。反対側はなんとかまともに溶接出来たよ。若干センターより上向き方向だったけどね。

(あのねぇ、実は俺トップバッターなのよ。だからちゃんと話聞いてないとモジャ髪のオタクみたいなやつに急かされて恥かくから席選びはちゃんとやったほうがいいよ(´- ̯-`))

 

3回目。もう1枚を使って昨日の鉄板にくっつけるよ!これはなんでもいいんだけど俺はさっきやったやり方をやった。

 

f:id:umaimizutan:20201101171828j:plain



 

指導員は「お、いいんじゃない」と言ってたね。俺も多少はマシになったように思った。

 

4回目。これでラスト。最初に溶接したT字型を鉄板に自由に溶着させるよ!

俺の場合、鉄板にもうスペースがなくて限られた位置にしか溶着出来なかったので狭いスペースを活用してこうしてみた!

 

f:id:umaimizutan:20201101171932j:plain

おったててみるwww

f:id:umaimizutan:20201101171944j:plain

f:id:umaimizutan:20201101171950j:plain普通に溶着出来たけど、裏面がイマイチだった。

 

これでアーク溶接実技は終わり。すぐ修了証配られて今日は終わり。職場に帰らないとね。トホホ。

 

次は1ヶ月後に小型移動式クレーン玉掛けかな。多分今年はその2つとって終わりかな。

 2.10.30